離職票とは

離職票とは退職した会社から渡される書類で、失業保険(雇用保険の失業給付、基本手当)の受給手続をする際に必要な書類です。

会社は従業員が辞めた時、退職日の翌日から10日以内にその退職者の雇用保険の資格喪失届と離職証明書を公共職業安定所に提出する事が義務付けられています。

その提出の際に「雇用保険被保険者離職票-1」と「雇用保険被保険者離職票-2」の2枚の離職票が公共職業安定所から会社へ交付され、会社は離職票を郵送もしくは手渡しで退職者本人に届ける義務があります。

雇用保険の受給手続き」が遅れると、給付日数が残っていても、失業保険が途中で打ち切られてしまう場合がありますので、離職票を受け取ったら早めにハローワークで手続きを行いましょう。

雇用保険被保険者離職票-1

ハローワークへ提出する前に、「離職票-1」には、氏名や振込先の銀行名、口座番号などを記入する必要があります。
雇用保険被保険者離職票-1

雇用保険被保険者離職票-2

「離職票-2」には、退職理由・過去半年の間の給料・出社日などが記入されており、この情報を元にハローワークが失業給付を決定します。

また離職理由によって所定給付日数が異なる為、会社が記入した離職理由が事実と異なる場合は「具体的事情記入欄(離職者用)」に異議の内容を記入し、ハローワークで最初の手続きの際に相談しましょう。
雇用保険被保険者離職票-2

あわせて読んでおきたい記事

失業保険関連の記事

  • 離職票とは - 離職票とは退職した会社から渡される書類で、失業保険(雇用保険の失業給付、基本手当)の受給手続をする際に必要な書類です。 会社は従業員が辞めた時、退職日の翌日から10日以内にその退職者の雇用保険の資格喪失届と離職証明書を公 … 続きを読む 離職票とは
  • 失業保険とは - 失業保険とは雇用保険の基本手当(失業給付、求職者給付)の通称です。 雇用保険法が1975年(昭和50年)に施行されましたが、それ以前の前身は「失業保険法」という名前だった名残りと、失業したら貰える保険という意味合いが認識 … 続きを読む 失業保険とは
  • 失業保険を受給中のアルバイト - 失業保険は基本的に働いていた時の給与の8割以下となりますが、退職前の給与が比較的高かった人は、もらえる失業保険の金額が給与と比較して5割未満になる場合もあります。 その為、失業保険だけをもらいながらの就職活動では生活が厳 … 続きを読む 失業保険を受給中のアルバイト
  • 離職理由とは - 離職理由は一般的に大きく以下の3つに分類されます。 定年退職による離職 自己都合による離職 倒産や解雇など会社都合ややもえない理由による離職 あなたが自発的に退職した場合であっても、残業が多すぎる職場や会社移転に伴う通勤 … 続きを読む 離職理由とは
  • 失業保険が貰える日数が決まる条件 - 失業保険がもらえる最長の日数の事を「所定給付日数」といいます。  失業保険がもらえる日数を左右する3つの条件 この所定給付日数は、以下の3つの状況により日数が変動します。 直近の離職理由 離職の日における年齢 雇用保険の … 続きを読む 失業保険が貰える日数が決まる条件

スポンサードリンク