失業保険を受給中の就職または就労

失業保険を受給中は、28日毎に失業認定申告書をハローワークへ提出する必要がありますが、その期間中に就職または就労した場合は失業認定申告書のカレンダーに就職または就労した日について◯印を付けて提出する必要があります。

  1. 雇用保険の被保険者となる場合。
  2. 事業主に雇用され、1日の労働時間が4時間以上である場合。
  3. 会社の役員に就任した場合(1日の労働時間は問わない)。
  4. 自営業の準備、自営業を営むこと、商業・農業等のか行に従事、請負・委任による労働提供、在宅の内職、ボランティア活動をした場合で、原則として1日の労働が4時間以上である場合。
  5. 4にあげた活動を行い、1日の労働時間が4時間未満であったが、それに専念するためハローワークの紹介にはすぐに応じられない等、他に求職活動を行わなかった場合。

※ 1、2、3の場合は、賃金等の報酬がなくても、就職または就労したことになります。

就職または就労した場合はどうなるの

基本的に1年を超えて勤務する事が確実であるかどうかで、支給されれう手当が変わります。

1年を超えて勤務する事が確実であると認められる場合

この場合は再就職として扱われます。

その場合、所定給付日数の3分の1以上が残っていて支給要件を満たしていれば、再就職手当が支給されて失業保険の支給が終わりとなります。

なお、会社の役員に就任した場合や自営業を営む場合や準備をする場合は基本的にはここに当てはまりますが、再就職活動をしながら起業や自営の検討・準備であれば再就職とはならず、就労手当を支給されることとなります。

1年を超える見込みのない職業に就いた場合

短期のアルバイトや派遣など1年を超える見込みのない職業に就いた場合、所定給付日数の3分の1以上が残っていて支給要件を満たしていれば、その就業日については基本手当ではなく就業手当が支給されることなります。

なお、就業手当を支給された日数だけ所定給付日数が減り、就業手当で支給される金額は基本手当の30%の金額となります。

また、1日に4時間未満の労働であれば、「内職または手伝い」の扱いとなり基本手当が支給される場合があります。

詳細については以下の記事で確認して下さい。

あわせて読んでおきたい記事

失業保険関連の記事

  • 離職理由とは - 離職理由は一般的に大きく以下の3つに分類されます。 定年退職による離職 自己都合による離職 倒産や解雇など会社都合ややもえない理由による離職 あなたが自発的に退職した場合であっても、残業が多すぎる職場や会社移転に伴う通勤 … 続きを読む 離職理由とは
  • 失業保険受給までの手続きの流れ - 退職理由が会社都合と自己都合では、基本的な手続きの流れは変わりません。 しかし大きく異なる点は、自己都合の場合は3ヶ月の給付制限がある為、給付開始時期が大きく異なります。 また、実際の失業保険の給付は、雇用保険の手続き完 … 続きを読む 失業保険受給までの手続きの流れ
  • 雇用保険被保険者証とは - 雇用保険被保険者証とは、雇用保険に加入した際に発行される書類で、雇用保険に加入していることを証明する証書です。 給与明細などを確認して、「雇用保険」や「雇用保険料」の名目で給与から天引きされていれば雇用保険に加入していま … 続きを読む 雇用保険被保険者証とは
  • 失業保険とは - 失業保険とは雇用保険の基本手当(失業給付、求職者給付)の通称です。 雇用保険法が1975年(昭和50年)に施行されましたが、それ以前の前身は「失業保険法」という名前だった名残りと、失業したら貰える保険という意味合いが認識 … 続きを読む 失業保険とは
  • 離職票とは - 離職票とは退職した会社から渡される書類で、失業保険(雇用保険の失業給付、基本手当)の受給手続をする際に必要な書類です。 会社は従業員が辞めた時、退職日の翌日から10日以内にその退職者の雇用保険の資格喪失届と離職証明書を公 … 続きを読む 離職票とは

スポンサードリンク