失業保険を全額貰いながら出来るアルバイト探し

アルバイトしながら失業保険の基本手当をもらえないと思っている方も多いですが、1日4時間未満のアルバイトであれば、「内職や手伝い」の扱いになる為、アルバイトなどをしながらでも基本手当を全額受け取る事は可能です。

しかし特に注意したいのは、そのアルバイトで得た1日の収入金額です。

アルバイトで得た1日の収入金額によっては、アルバイトをした日の失業保険の基本手当が減額されたり全額支給されない場合があるので、時給や勤務時間については注意してアルバイトを探しましょう。

また、この「アルバイトによる1日あたりの収入額」については一人ひとり異なります。

この1日あたりの収入額については確認したい場合は、以下のページでシミュレーションして確認して下さい。

基本手当が全額支給されるアルバイト収入額は、上記のページでシミュレーションだけではなくハローワークの窓口でも確認することが出来るので、失業保険をもらう最初の手続き時などハローワークへ行く機会があるときに事前に窓口で確認・相談しましょう。

次に、この収入額の範囲内でアルバイトを探す方法ですが、再就職活動に影響が出ないように労働時間など細かい条件を指定して探す必要があるので、詳細な条件が指定できるアルバイト専門の求人サイトで探すがオススメです。

勤務時間や勤務日数で探しやすいおすすめサイト

基本手当を全額貰いながらアルバイトを行うためには、内職・ボランティア扱いとなる1日4時間未満のアルバイトを探す必要があります。
また、1日のアルバイトが4時間以上になると就労となる為、基本的に3時間程度のアルバイトを探しましょう。

様々なアルバイト求人サイトがありますが、労働時間や勤務日数など細かい条件が指定できる求人サイトは多くありませんが、厳選した中では以下のサイトが特にオススメでした。

シフトワークス
 シフトワークスはアルバイト情報を数多く扱う求人サイトで、特徴としてはアルバイトを検索する際の「シフトで探す」が特に便利

検索条件として勤務時間を「2時間以下」や「3時間以下」など細かく設定出来るので、内職・ボランティア扱いになるアルバイトが見つけやすく、週の勤務日数も短い様々なアルバイトが見つけやすいです。

中高年OKのアルバイト情報

 シフトワークスの特集ページで全国の中高年向けのアルバイトが特集されています。中高年向けのアルバイト求人件数も多く細かい条件を指定して検索出来るので、中高年の方には特にオススメです。

あわせて読んでおきたい記事

失業保険関連の記事

  • 失業保険を受給中の就職または就労 - 失業保険を受給中は、28日毎に失業認定申告書をハローワークへ提出する必要がありますが、その期間中に就職または就労した場合は失業認定申告書のカレンダーに就職または就労した日について◯印を付けて提出する必要があります。 雇用 … 続きを読む 失業保険を受給中の就職または就労
  • 失業保険とは - 失業保険とは雇用保険の基本手当(失業給付、求職者給付)の通称です。 雇用保険法が1975年(昭和50年)に施行されましたが、それ以前の前身は「失業保険法」という名前だった名残りと、失業したら貰える保険という意味合いが認識 … 続きを読む 失業保険とは
  • 離職理由とは - 離職理由は一般的に大きく以下の3つに分類されます。 定年退職による離職 自己都合による離職 倒産や解雇など会社都合ややもえない理由による離職 あなたが自発的に退職した場合であっても、残業が多すぎる職場や会社移転に伴う通勤 … 続きを読む 離職理由とは
  • 離職票をもらう際の注意点 - 離職票は退職した会社から郵送もしくは手渡しで退職者本人に渡される書類で、失業保険(雇用保険)の受給手続をする際に必要となる書類です。 失業保険は退職日からもらえる訳ではなく、雇用保険の受給手続きが遅くなった日数分だけ失業 … 続きを読む 離職票をもらう際の注意点
  • 離職票とは - 離職票とは退職した会社から渡される書類で、失業保険(雇用保険の失業給付、基本手当)の受給手続をする際に必要な書類です。 会社は従業員が辞めた時、退職日の翌日から10日以内にその退職者の雇用保険の資格喪失届と離職証明書を公 … 続きを読む 離職票とは

スポンサードリンク