健康保険

このページを友達に教える

健康保険

会社で健康保険で加入していた方は、退職すると今まで使っていた健康保険証を会社に返却する為、退職後に加入する健康保険について考える必要があります。

健康保険に未加入の場合は、病気や怪我で通院すると自由診療となり、治療費を全額自己負担する事となるため、退職したら早めに手続きを行いましょう。

一般的に退職後に加入する健康保険は以下の3つの選択肢があります。

それぞれ加入可能な健康保険の内、毎月納める保険料などを比較して、退職後に加入する健康保険を選びましょう。

スポンサードリンク

退職後の健康保険の3つの選択肢

健康保険被保険者証

在職時の健康保険を任意継続する

「健康保険の任意継続」とは在職中に加入していた健康保険に引き続き加入できる制度です。 在職時の健康保険を継続する為、任意継続することで退職後も在職中と同じ給付を受けることが出来、扶養家族についても継続して保険に加入され、 … 続きを読む 在職時の健康保険を任意継続する
国民健康保険被保険者証

国民健康保険に加入する

国民健康保険とは地域で加入する健康保険制度で、一般的に自営業等を行っている方が多く加入されている健康保険です。 国民健康保険は、在職時の健康保険のような健康保険と異なり、被保険者や被扶養者という区別は無い為、専業主婦・専 … 続きを読む 国民健康保険に加入する
健康保険被保険者証_扶養者

家族の被扶養者になる

家族が加入している健康保険の被扶養者(扶養家族)になる場合は、新たな保険料の負担が無い為、扶養家族になれる場合は健康保険を選ぶ際の最良の選択肢と言えます。 加入の条件 加入申請時からを基準として、今後の見込み年収額が13 … 続きを読む 家族の被扶養者になる

国民健康保険料は軽減してもらえるケースも有る

健康保険

国民健康保険の保険料を軽減してもらう

倒産・解雇などによる離職(特定受給資格者)や雇い止めなどによる離職(特定理由離職者)の方は、国民健康保険料を軽減する制度があるので申請を行いましょう。 対象者について 雇用保険の「特定受給資格者」または「特定理由離職者」 … 続きを読む 国民健康保険の保険料を軽減してもらう

失業保険関連の記事

生活支援関連の記事

転職活動関連の記事

スポンサードリンク